« 行き当たりばったりの旅(十二湖~白神山地) その5 | トップページ | 行き当たりばったりの旅(遠野~湯沢)その1 »

行き当たりばったりの旅(十二湖~白神山地)その6

オッス。オラ青森のナイスガイ。

本日の天気予報を聞いて急遽行程を2泊3日から1泊2日に変更したオイラ。

白神山地の「アクアグリーンビレッジANMON」の駐車場に車を駐め、山登りようの服装に着替え暗門の滝を目指します。

暗門の滝遊歩道まで来ると「一部区間落石のため、この先進入禁止」との看板が・・・・・・。行き当たりばったりの旅にアクシデントはつきものですが、通行止めとは・・・・

Photo


けどよく見るとブナ林経由で暗門の滝までいけるようです。

ホッと肩をなで下ろしブナ林へ。さてこのブナ林の散策路かなりキツイです。登りが道が続いた後下り坂になり、暗門川の遊歩道へ合流。この時点でもう汗だくです。

暗門川の遊歩道は暗門川沿いに単管パイプで橋が架けられておりその上を歩いて行きます。人がすれ違う事が困難なほど狭い箇所もあるのですが、朝早いだけあって上流側から来る人は皆無です。

途中暗門川に流れ込んでいる小さな滝でタオルを冷やしてくてく歩いていくと第3の暗門の滝が出てきました。滝の落差は26mだそうです。

Photo_2

第3の滝を見上げると遙か上空に単管パイプの歩道が見えます。「あれを登っていかないとダメなのか・・・・」正直ブナの原生林を抜けた所で膝がガクガク状態だったのですが、ここまで来て引き返すわけにもにもいかず、第2の滝を目指します。

急な遊歩道を上りきった所で第2の滝に到着。ここの落差は37mです。カメラで撮影しようと思っても滝壺から吹き上げる水しぶきでカメラのレンズがすぐに水滴だらけになってしまいます。けど滝壺から吹く風は涼しく気持ち良かったです。

2


第1の滝は更にこの奥にあるのですが第2の滝を見上げると青空が広がっています。その光景を見るとなんとなくゴールは近いような気がし最後の気力を振り絞り第1の滝へ向かいます。

相変わらず険しい道のりで岩山をくり抜いて歩道を設置しているような場所もありましたが、何とか暗門の滝第1の滝にたどり着きました。

Photo_3


第1の滝の落差は42mで滝壺からはフューフューと水滴混じりの涼しい風が吹き付け、道中火照った体を冷やしてくれます「これがマイナスイオンってやつなんだな~」

3


しばし暗門の滝から発せられるマイナスイオンに癒された後、下山します。

Photo_4


道中は下りがメインでしたが、ブナの原生林のコースでは再び登り道があり、アクアグリーンビレッジANMONにたどり着いた時はもうクタクタでした。道中3時間少々の道のりでした。

多分朝にミニ白神を散策した後、暗門の滝に向かっていたら疲れで途中リタイヤしていたと思います。「今日はミニ白神散策するの止めておいて良かった~。」などと思いながらアクアグリーンビレッジANMONの施設内にある人工温泉で汗を流すオイラでした。

なお、もし天気が良く当初の予定どおり今夜も野営することとなっていたら今日は午後からの半日は行動できずアクアグリーンビレッジANMONで野営する事となっていたと思います。

「まぁ結果全てうまくいったな。」などと思いながら帰宅の途についた7月7日七夕でした。

では今日の教訓「野営だと 疲れが溜まる ほどほどに」

今回は天気の都合上野営1泊の旅となりましたが、もし2泊だった場合、午前中の白神山地の散策で体力を使い果たしたオイラはそのまま白神山地で一晩を明かしたと思います。野営の旅は思いの外疲れが溜まります。残りの体力を考えて旅をしましょう。

|

« 行き当たりばったりの旅(十二湖~白神山地) その5 | トップページ | 行き当たりばったりの旅(遠野~湯沢)その1 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 行き当たりばったりの旅(十二湖~白神山地)その6:

« 行き当たりばったりの旅(十二湖~白神山地) その5 | トップページ | 行き当たりばったりの旅(遠野~湯沢)その1 »