« 菅さんで良かった。 | トップページ | 妖怪が住む銭湯 »

社交場

オッス。オラ青森のナイスガイ。

先日オイラの地元紙のコラムに我が町の図書館の利用者数がものすごく多く、学問を重んじる土地柄だ・・・・・などという記事が投稿されていた。

年間の利用者数は人口の3倍(・・・・位だったと思う)ほどもあり、休日ともなると広い駐車場は満杯になってしまう。確かに利用者数は多い。

実はオイラも図書館をよく利用している市民の一人です。

コラムを読んでから(はてさて。一体どんな方々が利用しているのだろう)と思い図書館の利用者並びに利用状況を観察してみました。

するとこんな感じになりました。(ちなみに実際の利用者数を数えたわけではないので順不同です)

1.受験勉強をする学生、浪人生、もしくは国家試験を勉強する社会人の皆さん。

2.自らの趣味の分野(釣りとか盆栽)を勉強、研究しに来ている皆さん。(多分定年退職された方々でしょう)

3.必要な資料(たとえば郷土史とか昔の新聞記事)を探しにきている皆さん。(学校の先生や新聞記者、NPO法人の方が多いようです)

4.オイラのように暇つぶしに面白そうな本を探しに来ている皆さん。(定年退職した方や専業主婦の方々が主ですが子供連れが多いです)

まぁこんな所ですが、特に多いのが「4」のような気がしました。特に定年退職をされたと思われる初老の方々が多かったです。

超高齢化社会に突入する日本ですが、今後は図書館も老人の皆さんの社交場のような役割を担っていくかもしれないな・・・・・・。そんなことを思った図書館利用者調査でした。

では今日の一言「知る人ぞ 知る図書館は 社交場」

|

« 菅さんで良かった。 | トップページ | 妖怪が住む銭湯 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 社交場:

« 菅さんで良かった。 | トップページ | 妖怪が住む銭湯 »