« 弘前市、黒石市の旅 夏編 (その6) | トップページ | 社交場 »

菅さんで良かった。

オッス。オラ青森のナイスガイ。

先日福島第1原発の事故を検証する・・・・なんちゃら委員会?(のようような名前だったと思う)で「当時の管総理が東電に乗り込んできたことは現場が混乱する一因だった」と報告書の一部で報告されたことが新聞の記事に載った。

けどオイラは原発がメルトダウンし東京を含む首都圏が放射能に汚染され避難しなければならない可能性が高まる中、情報を公開しない東電に乗り込んでいった管総理の判断は英断だったと思う(もっとも東電内部で怒鳴り散らしたのは問題だと思うけど)。

さらに東電が福島第1原発から全面撤退すると言った時にそれを一喝し拒否したのも一国の指導者として正しい判断だったと思う

オイラの知人がこういうことを言っていた。「総理が鳩山じゃなく管でよかったよ。鳩山ならとんでもない事になっていたぞ」オイラも同意見だ。

原発事故当時菅さんのとった行動は少なからず問題点はあったかもしれないけど(いや問題点は結構あったと思う)世間の皆さんはもう少し菅さんを評価しても良いのではないでしょうか?そんな事を思うナイスガイでした。

では今日の一言「死んだっていいんだ 俺も行く」 管さんが東電役員に言ったとされる言葉です。

原発事故当時管総理は国家の指導者として大きな重圧にさらさせながらも、我が身を投げ捨て一生懸命事故の対応にあたったと思います。私は菅さんが総理になってからガッカリさせられた事は何度かありますが、今は「お疲れ様でした。ありがとうございました」と言いたいです。

|

« 弘前市、黒石市の旅 夏編 (その6) | トップページ | 社交場 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

同感です。
なんでもかんでも叩くのは間違いで、ここ最近の総理の中ではむしろ良い部類に入ると私は思います。

在任中に大震災や原発事故が発生した事は運がありませんでした。あんなもの誰が当事者でも必ず批判の矢面に立たされてしまう。

的確な対応なんてないに等しい災害でした。

投稿: たくやん | 2012年5月31日 (木) 07時20分

たくやんさんコメントありがとうございます。

私も「なんでもかんでも叩く」最近の風潮には
少々うんざりしています。外国の皆さんはこんな日本を見てどう思っているのでしょうね?

投稿: ナイスガイ | 2012年6月 3日 (日) 07時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 菅さんで良かった。:

« 弘前市、黒石市の旅 夏編 (その6) | トップページ | 社交場 »